心療内科は心身症の治療を行う 

心療内科は、心の状態や社会生活のストレスなどが原因で起こる心身症の治療を中心に行っています。心身症やうつ病や統合失調症などの病気とは違い、体の疾患の病気で、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、胃潰瘍、過敏性大腸炎などの病気が心身症に入ります。これらの病気の治療は、皮膚科や胃腸科、内科でも治療を受けることができます。心療内科は、病気の原因になっているストレスを緩和するのが目的であるため、軽度の精神疾患の治療を行っている精神科とは違いがあります。ストレスが原因の体の不調で悩まされている人は、通院が大事です。

心療内科への通院は自分を守る為 

ストレスが何かと溜まりやすい現代社会では、うつ、不眠、ギャンブルやアルコールへの依存など、自分だけではどうしても対応できない症状を一人で抱え込んでいる方も多いのではないでしょうか。身近な人に相談する事も一つの手段ですが、専門の先生の診察を受けること、検査と問診を元に自分の症状と向き合いどのようにその症状と向き合う事も大切です。実際、独自のデイケアプログラムやカウンセラーが常時している病院もあります。心の病気は甘えという考えが無くなっていないのが現状ですが、貴方の心身の為に一度心療内科を訪ねてみませんか。

病気の症状に関する情報