病気,パーキンソン

パーキンソン病の病気の経過 

パーキンソン病は難病ではありますが、比較的多い病気です。脳の病気であり神経伝達物質であるドーパミンが欠乏することによってスムーズな運動を行うことができなくなります。病気は治療法の進歩によって寿命に大きな影響はなくなりましたが、徐々に進行し運動機能は低下していきます。パーキンソン病の症状の経過にはヤールの5段階病期が使用されます。1期は手足の片側の症状、2期は両側の症状、3期は姿勢反射障害が出始めた状態、4期は歩行に介助が必要な状態、5期は車椅子での生活というふうになっています。この経過をあらわすヤールの5段階病期は公的サービスの利用の際にも使用されます。

パーキンソン病の経過について 

パーキンソン病という病気をご存知でしょうか。難病のひとつではありますが、患者の数は非常に多く有名な芸能人などが罹患している例もあり、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。この病気は脳の大脳基底核というところの異常によって起こります。経過は人によって異なりますが、基本的には進行性でありだんだんと症状は悪化していきます。そのためパーキンソン病の状態はヤールの5段階病期によってあらわされます。症状が左右のうちの片側で症状が軽度なものでは1、寝たきりの状態で重度なものでは5というように評価されます。

病気の症状に関する情報