病気,パーキンソン

パーキンソン病という病気と治療 

パーキンソン病は脳の異常から起きる病気です。一般的には40歳から50歳ぐらいでの発症が多い病気です。完全に解明されてはいませんが、脳の中脳という部分と線条体という部分に異常が起こる病気であることはわかっています。症状は運動機能に関するものが多く、ふるえや固縮、無動、姿勢障害などがあります。パーキンソン病の治療の主役は薬物治療になります。薬物治療では神経伝達物質であるドーパミンを増やす薬やその受容体を活性化する薬など様々な薬が使用されます。療養期間が非常に長くなるのが特徴のため、長期的なことを考えた治療が必要になります。

パーキンソン病と薬物治療 

パーキンソン病は難病ではありますが、近年の良い薬の開発によって長く生きることができる病気になってきています。パーキンソン病の薬物治療ではさまざまな効果の薬が使用されます。病気の原因であるドーパミンを補填する薬や、その受容体を刺激する薬、脳内のドーパミンの放出を促進する薬、ドーパミンの分解を抑制する薬などがその例です。これらのうちのどの薬を処方するのかは、医師の技量によるところが非常に大きくなります。使用する期間は非常に長期に起こるため、副作用や薬の効きが悪くなることが起こってきます。そのため、それらが起こりにくいように処方することが大事になります。

病気の症状に関する情報