インプラントは動かない 

最近では歯をなくした場合の治療法としてインプラント治療があります。これまでの入れ歯やブリッジという方法では、入れ歯は動くものなので噛む時にはしっかりと噛むことができないとか、話しをする時にはっきりした言葉が出しにくいことにもなるのです。ブリッジにすると元気な両側の歯を削ってしまいます。インプラントでは歯の根っこのようなものをきちんと入れてあるので、まず歯が動きません。それなので何を食べるにしても躊躇しないのです。見た目は自分の歯と全く変わらなく美しいです。

インプラントとメンテナンス 

インプラントは、虫歯などで失った歯のあった場所に、チタンなどの金属で人工の土台を埋め込み、かわりの人工歯を据え付ける手術です。この手術が上手くいくかどうかは、歯科医師の技術によることはもちろんですが、術後にどれだけしっかりとしたメンテナンスをするかにもかかってきます。インプラントの手術の傷口からの雑菌の侵入や、無理な運動などによる土台のぐらつきがもっとも懸念されますので、アフターフォローが充実したクリニックを選ぶことがたいせつです。

病気の症状に関する情報