がん治療の種類について 

がんの告知を受けた人に提案されるがん治療には、がんの三大療法と呼ばれる治療法があります。手術療法・化学療法(抗がん剤治療)、「放射線療法」です。 手術療法は、がんの病巣を切除します。化学療法は、点滴や注射などで行われ、がん細胞を死滅させたり、増殖を防ぐ治療法です。リンパや血液など、転移も含めて、広範囲での治療が可能です。三大がん治療は、がんの種類やステージによって、単独や総合など治療法が決められます。

病気の症状に関する情報