病気,パーキンソン

パーキンソン病という病気の症状 

様々な病気がありますが、パーキンソン病は比較的患者数の多い病気のひとつで、中年以降の人に発症率が高いです。パーキンソン病の主な症状は、手の震えや、表情が乏しくなる仮面様顔貌、動作がゆっくりになる動作緩慢、すぐに歩き出すことができないすくみ足、便秘や排尿障害などの自律神経障害などがあります。パーキンソン病になるはっきりとした原因は今のところわかっていませんが、これらの症状に対して有効なお薬は開発されています。また、この病気は歩行する際に特徴的な症状がでるため、家族や周囲の人は転ばないように介助することが必要となってきます。

パーキンソン病の症状とは 

パーキンソン病という病気とは脳の中にある中脳というところにある色が黒い組織の黒質と呼ばれる部分にある神経細胞が変形したり、無くなってしまうことによって神経伝達物質が減少して起こります。この症状には何もしないでじっとしているときでも手や足にふるえが生じる振戦と呼ばれるものや、全ての動作が今までよりも遅くなる無動。無動はまばたきの回数が減ったり声が小さくなることもあったりと、恐ろしい病気です。筋肉が硬くなって動きが悪くなる固縮、体のバランスが悪くなり立っているときには背中が丸くなり前かがみになってしまう姿勢反射障害などがあります。

病気の症状に関する情報

新着情報